ウォーターサーバー比較ランキングNAVI
 水宅配会社ランキング

 水宅配会社比較

 ウォーターサーバーについて

 水についての基礎知識

 水コラム
 

ウォーターサーバーの放射能に対しての安全性は?


東日本大震災後はウォーターサーバー申込が殺到

水道水に含まれているかもしれない放射能(放射性物質)が怖いから、という理由で、ウォーターサーバーを導入しようと決めた人は非常に多いと思います。

実際、福島原発事故の後にテレビなどで「水道水からセシウムヨウ素といった放射性物質が検出された」というニュースが流れた直後、水宅配サービスへの申し込みが殺到しました。

その申し込み量は尋常ではないもので、どの水宅配会社も大パニックになったようです。

事故直後は、貸し出すウォーターサーバーも不足がちになり、「申し込んだのになかなか届かない」という人も多かったのだとか。


放射能は見えないだけに怖い

普段から何かと使う水道水に、放射能が紛れ込んでしまっているのは怖いですよね。
放射能は、見えないしニオイもしないし味もしない。
気付きようがないのですから。

特に子供がいる家庭では、その恐怖はさらに強いと思います。

我が家にも小さな子供がいるので、不謹慎ながら、この時ほどウォーターサーバーがあってよかったと思ったことはありませんでした。

自分はまだいいとしても、子供だけはできる限り放射能から遠ざけたいと思ってしまうのが親心で・・・


宅配水は安全?

ということで、ここへきてさらに需要が増してきたウォーターサーバー。

では、実際にウォーターサーバーを導入してボトル水を宅配してもらうようにすれば、放射能の恐怖から逃れることはできるのか?

宅配される水の安全性はどうなのか?
きちんと放射能が除去されているのか?

こういった疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

結論としては、「ウォーターサーバーや宅配される水は、放射能がきちんと除去されていて安全性が高い」というのが管理人の見解です。

まず、「水道水から放射能検出」というニュースが流れた後、多くの水宅配会社はすぐに放射能検査の専門機関などへ依頼し、自分たちの商品(=ボトル水)の検査にかかりました。

その結果が各水宅配会社の公式ページで発表されていますが、当サイトに掲載している水宅配会社はすべて「放射能検出なし」という結果でした。

それだけ、各社ともに安全にはかなり気を配って水のボトリングをしていたということでしょう。


放射能に対する安全性検査は信用できる?

もちろん、管理人がその検査に立ち会ったわけでもなんでもないですし、各水宅配会社に潜入してきちんと調べたりしたわけではないので、確実なことは言えません。

しかし、ほとんどの水宅配会社が、放射能検査の専門機関へ依頼して検査しているわけですから、そこで放射能が検出されれば大騒ぎになるはずです。
決して隠ぺいしたりもみ消したりできるようなレベルではないでしょう。

そういうことがなく、公式ページでもきちんと「検出されなかった」と報告しているのですから、まず心配はなく、ウォーターサーバーや宅配水の安全性は非常に高いと思われます。



ウォーターサーバー比較ランキングNAVI トップページへ