ウォーターサーバー比較ランキングNAVI
 水宅配会社ランキング

 水宅配会社比較

 ウォーターサーバーについて

 水についての基礎知識

 水コラム
 

ウォーターサーバーの当選商法について


当選商法とは何か?

ショッピングモールの中や駅前などでいきなり呼び止められて、クジを引かされた経験がある人はいないでしょうか?
そこで、いともたやすく2等を引き当て、何かのサービスに契約させられそうになった人はいないでしょうか?

これは、悪名高い「当選商法」と呼ばれる手法です。

当選商法とは、契約させたいサービスをあえて2等あたりに設定し、いざクジを引いてみるとほとんどが2等になり、「おめでとうございます! ●●が無料で当たりました!」と騒ぎ立てる手法。

1等にはテレビや旅行などの豪華賞品、2等には契約させたい商品やサービス、3等以下はお菓子などの安価な商品、という感じで設定し、基本的には2等しか当たらないようになっています。

そして、2等の商品やサービスは、その時に当選したモノ自体は無料だけど、月々の契約料がかかるため、結局お金を払い続けることになるのです。


最近、ウォーターサーバーにも当選商法が・・・

当選商法は、いろいろなジャンルで取られてきた手法。
最初に設置する機器については無料にし、その後の月額や定期的に発生する利用料を有料として、そこで稼ぐというのが一般的です。

そしてこの手法が、最近ではウォーターサーバーにも使われるようになってきたようで・・・

つまり、ウォーターサーバー本体のレンタル料を無料とし、その後の宅配水を有料にしてそこで稼ごうとするのです。
サーバーレンタル代はもともと無料なのに、さも「当選したから無料」だと思わせようとして・・・

これは、非常に気分の悪い手法です。

何も知らない人からすれば、最初は嬉しいかもしれません。
しかし、いつか真実に気付くでしょう。
当たろうが当たるまいが、サーバー代は元々タダだったんだ、と・・・

その時の失望感・反感はかなり強いものだと思います。
企業として、顧客をバカにするようなこんな手法を使うのは決して褒められたものではありません。


試飲営業と当選商法は全然違う

ウォーターサーバーの営業手法として、ショッピングモールなどで「試飲してください! 気に入ったら契約してください!」とやっているのはよく見かけます。

もちろん、これは全く問題ありません。
通常の営業行為ですから。
興味がある人だっているでしょうし、営業活動しているのを見て興味がわく人もいるでしょう。

しかし、当選商法はそうではありません。
騙し討ちのような形で無理やり喜ばせ、その勢いで契約させるのです。

ですが、誤解しないでいただきたいのは、「当選商法を実施しているウォーターサーバー会社はごく一部」ということ。
業界自体が当選商法に染まっているわけではないのです。
また、一部のモラルのない代理店が暴走して勝手にやっている、というパターンもあります。

ウォーターサーバーが便利なものだと思い、こういうサイトを立ち上げている身として、「汚い営業をするのが当たり前の業種なのだ」というような誤解は非常に悲しいです。


どの業界でも、モラルを軽んじる会社というのはあるもの。
多くの会社は、真面目に営業活動を行なっているのに。

一部の会社の蛮行で、業界自体のイメージが損なわれてしまうのはすごく悲しいですね。

当選商法のようなモラルに反した営業手法は、なんとか根絶してして欲しいものです。



ウォーターサーバー比較ランキングNAVI トップページへ