ウォーターサーバー比較ランキングNAVI
 水宅配会社ランキング

 水宅配会社比較

 ウォーターサーバーについて

 水についての基礎知識

 水コラム
 

軟水と硬水


軟水と硬水の違い

水には、大きく分けて「軟水」と「硬水」の2種類が存在します。

軟水か硬水かは、硬度によって決まります。
硬度とは、水に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量を数値で表したもの。

この数値が多いか少ないかによって、軟水か硬水かに分類されます。


軟水の特徴

軟水とは、カルシウムやマグネシウムが少ないのこと。
日本の水は、海外に比べて硬度が低く、全体的に軟水の割合が多いです。

軟水の最大の特徴は、「味がまろやかで飲みやすい」ということ。
よって、以下のような場合には軟水を用いるのが好ましいです。

●和食を作る
●コーヒーやお茶をいれる
●そのまま飲む

軟水の欠点を挙げるとすれば、「カルシウムとマグネシウムの含有量が少ないので、栄養価が低い」という点でしょう。

カルシウムもマグネシウムも人体にとって大事な栄養素ですから、過剰にならない範囲でなら、できるだけ摂取しておきたいと考えるのが普通ですよね。

しかし、食事でバランスよく栄養が取れていれば、水から摂取する栄養についてはそれほど意識する必要もないと思います。

ですので、美味しさや飲みやすさを重視して軟水を飲むことは全く問題ありません。
「味を楽しみながら美味しく飲めるのが一番」という場合には、軟水がよいでしょう。


硬水の特徴

硬水とは、カルシウムやマグネシウムが多いのこと。
海外の水に多く見られ、日本でも沖縄の方は硬水が多いようです。

硬水の最大の特徴は、「栄養価が高く健康に良い」ということ。
以下のような場合に、硬水を用いる人が多いです。

●ダイエット
●便秘解消
●スポーツ後の栄養補給

硬水の欠点は、何といっても「味にクセがあり、慣れるまで苦労する」という部分です。

ちなみに管理人は、最後まであの味には慣れませんでした。。。
多量に含まれたミネラルが原因なのでしょうが、あの独特の鉄っぽい味がどうにもダメでしたね・・・

とはいえ、健康志向の人には、硬水は今でも人気があります。
硬水として販売されている飲料水は、「コントレックス」などが有名ですね。

多少味に難点があっても健康を優先したい方には、硬水の方が向いていると思います。


軟水と硬水、結局どっちを飲めばいいの?

これで、軟水と硬水、それぞれのメリットとデメリットがお分かりになったと思います。

それを踏まえた上で、「どちらの水を飲むのがよいか?」ですが・・・

それは、「個人の自由」としか言いようがありません。
「今日の晩御飯は何を食べるべきか」という疑問と同じで、答えはありません。

とりあえず、管理人は完全なる軟水派です。
まずいと感じるものを無理してまで飲みたくありませんし、そもそも健康が気になるなら食事と運動で解消すればよいと考えていますので。

ですが、「水を飲むだけダイエットになる・健康に良い」という手軽さが受け、硬水派な人も多く存在します。

とにもかくにも、「各々の考え方次第」という感じですね。


ウォーターサーバーの水は軟水?硬水?

さてそれでは、ウォーターサーバーにセットするのはどちらの水が使用されるかと言いますと、、、

答えは「軟水」です。

硬水の場合だとミネラルが豊富すぎて、サーバーの故障にも繋がってしまいますし、そもそも日本人の体には軟水が合っているんですよね。
昔から馴染んでいる水ですし。

ウォーターサーバー用の水にも比較的硬度が高めな水はあるものの、「硬水」とまで呼べるほどの硬度を持つ水を提供している会社は、管理人の知る限りありません。



ウォーターサーバー比較ランキングNAVI トップページへ